準備をしよう

引越しをするにはまず、移転先を確保しないといけません。それは、必ずしも自宅である必要はなく、仮住居や借り倉庫でもOKです。ただし、更にそこから新居に移動しなければならないので注意して下さい。もともと住んでいた所の退去に期限がない場合は、直接移転したほうがいいです。マンションなどに越す場合は、荷物が搬入可能かどうかも確認しておきましょう。大きな物がある場合は特に下調べが要ります。

引越しをするには、色々と必要な処理があります。まずは住民票です。これが無いと正式に新住所に移ることができません。また、学校に行っている家族がいる人は、その手続もしましょう。同じ校区であっても、新しい住所を申請して置かなければなりません。転校の場合は、入届けなどを出しましょう。また、予め済ませていなければ、無駄にお金がかかることもあります。

引越しをする前には、いろいろな準備が必要です。まず書類関係では、住居移転や学校の転校手続きなどがあります。次にお世話になった人や近隣への挨拶です。黙って行く人もいますが、常識としては知らせておいたほうがいいのです。他には、元いた場所をどうするかというものもあります。そのまま誰か使っているなら問題ないのですが、売家もしくは大家さんに返すなどの場合はしっかりと掃除をしておきましょう。また、売却にはその手続も要りますので、しっかしとやっておいて下さい。そして、やり残したことがないかもう一度考えて下さい。